日本歯科放射線学会防護委員会共催「半導体X線測定器製作研究会」開催のご案内

NPO法人 日本歯科放射線学会第60回学術大会において開催された「第1回歯科放射線画像・
防護研究会(旧コンピュータ応用・画像情報研究会)」でご講演された根岸 徹先生(首都
大学東京 健康福祉学部 放射線学科)の紹介にありました口内法撮影X線装置の日常精度管
理用「半導体X線測定器」に関し、特別に歯科放射線学会会員に向けて製作研究会を開催し
ていただける運びとなりました。つきましては防護委員会共催とさせていただき、下記の
要領で開催いたしますので、ご興味のある先生は是非参加をお願いいたします。ハンダ付
け作業により高級な線量計に匹敵する性能の半導体X線測定器が自分の手で製作出来ます。
実際に廉価で取り扱いの容易な自作の半導体X線測定器を用いて各大学で口内法撮影X線装
置の線量測定と精度管理が可能となります。
今後、各モダリティーの線量測定が必須となってきます。廉価で簡単に線量測定が可能と
なる半導体X線測定器をぜひ自作してみてください。ご自身の施設の線量測定に興味のある
先生方をお待ちいたします。

・主旨はこちら
・ご案内はこちら
(※PDFダウンロード)

日時:2019年9月29日(日)10:30~18:30
場所:首都大学東京 健康福祉学部 放射線学科
募集定員:15名程度
参加費:無料(半導体X線測定器の製作材料等についても根岸先生から無償で提供していただけます)
懇親会:自由参加(実費)
申込みまたは問合せ先(e-mailにて):原田 康雄(harata@dent.meikai.ac.jp)
申込締め切り:2019年7月31日(水)

以上